toggle
2018-04-04

ブリーチを楽しむ!色の抜ける仕組みや髪への影響!

ご来店された全てのお客様を笑顔に導く海老名の美容室ANHUTTE(アンヒュッテ)の少し前から都内のカリスマにカットしてもらってカラーもしてもらってるけど色落ちてきちゃったから次何色にしよーかなとかカラーした時にブリーチしてもらったからけっこー何色でもできるけど新しいカラー剤の実験台か前使ってたけど最近使わないカラー剤の在庫処理みたいな感じで染める気配になるかなとか考えながらコレ書いてたところどうせならすげえ色にしちゃおうかなみたいな気持ちになってきてこないだピンクで桜みたいだったし次は新緑を意識して緑か黄緑かそんな色もいーかもなって思いだしたのでそれならとりあえずG-DORAGONの髪色でも検索してみっかな橋本です。

 

ブログ TOP

 

 

今日はブリーチの話をします!

 

 

 

『ブリーチ』

 

髪の毛を明るくするのに使うあいつです!

 

キレイなハイトーンカラーや、透明感の強いカラーにしたい時には必須のブリーチ。(グレーとかグレージュとかパールブロンドとかとかとか)

 

彩度の高い色にする時もブリーチが必要になります。(ピンクとか緑とかネイビーとかとかとか)

 

ポイントでいれたりとかね!

 

 

 

ブリーチを使う場合は、

 

ブリーチをしてオンカラー。

髪を明るくしてから、色をいれていくという方法が殆どです。

 

2回染めるから「ダブルカラー」って言ったりします。

 

1度のブリーチで必要な明るさにまでならなかった場合は、

 

2度ブリーチをしてオンカラーということもあります。

 

(これは毛先だけやってるやぁつ)

 

 

 

 

 

明るくなる仕組み

 

 

髪の中には「メラニン色素」という顆粒状の色素があります。

 

この「メラニン色素」の色の組み合わせが、地毛の色を決めています。

 

ブリーチは、メラニン色素を粉々の小さな粒子に分解し、色を消していきます。

 

こうすることで髪が明るくなっているのです。

 

 

 

 

髪への影響

 

 

ブリーチを使う時に、「色を抜く」と言ったりします。

 

「色素を抜く」と言えば聞こえは良いですが、

 

実際は「メラニン色素を分解する」です。

 

イメージ的には「色素をぶっ壊す」なので、けっこーな負担を髪にかけてしまいます。

 

 

ブリーチに入っている過酸化水素によって、シスチン結合というものが分解され、

髪の強度や弾性が低下します。

 

またキューティクルを剥がれやすくし、

その隙間から間充物質(ケラチンと呼ばれるタンパク質など)の流失を招きます。

これも髪の強度を低下させる大きな原因の一つです。

 

また、キューティクルの損傷により、髪表面のバリアーも弱くなります。

 

 

ブリーチはとても強力なパワーを持った薬なので、

 

髪へ与える影響をよく知った上で使う必要があります。

 

今説明したように、髪を傷めるリスクが大きいブリーチ。

 

しかしブリーチによって得られるキレイな透け感や色味は、

 

他では代えが効きません。

 

髪の状態をしっかりと見極め、塗布方法やブリーチの種類など、

適切な選択をすることで、

髪への負担を極力抑えながら施術することが大切なわけです。

 

 

 

 

ブリーチをオススメしない髪

 

 

ハイダメージ毛にはオススメできません。

 

もし「傷んでもいいからやってください」と言われたらやりますが、

 

求める色を得るまで、髪が耐えられそうにない場合はできません。

 

状態次第では、ブリーチで髪が千切れてしまいます。

 

髪の状態を見ながらできるだけ近づけるか、

違う色に方向転換するかしっかりと話し合い決めましょう。

 

 

また、パーマや縮毛矯正などの、

 

髪の形状を変える施術履歴がある髪は、

 

ブリーチとの相性が悪いです。

 

一度でもかけていると慎重に判断しなければなりません。

 

逆もまた然りで、

 

ブリーチの履歴がある髪で、パーマなどをしたい場合。

 

こちらもまた慎重な判断と見極めが大切です。

 

 

基本的にはどちらの場合も、

 

良い結果を得られにくいために、オススメはいたしません。

 

パーマかブリーチか。

 

どちらかを選択して100%楽しむのが良いでしょう。

 

どうしても両方という場合は、相談しましょう(笑)

 

 

 

 

 

ブリーチをするために

 

 

普段から髪のケアを気にかけておくことが良いと思います。

 

良い状態の髪であればあるほど、ブリーチに限らず施術幅は広がりますし、

 

得られるクオリティーは間違いなく上がります。

 

日々どんなお手入れをしているか、アイロンなどはどれくらい使うか、

 

過去にパーマや縮毛矯正、ブリーチや黒染めの経験はあるかなど、

 

できるだけ美容師に情報を与えてあげることで、とても考えやすくなります。

 

 

 

 

 

ブリーチをした後

 

 

ブリーチ後、オンカラーをしたらとてもキレイな髪色が手に入るでしょう。

 

ブリーチをしなくては手に入らない明度や彩度や透け感。

 

しかし、その髪色を楽しめる時間はあまり長くはありません。

 

通常の状態のカラーより、

 

ブリーチをした髪のカラーは色が抜けてしまうのが数段早いです。

 

使っているシャンプーや、ホームケアの仕方などにもよりますが、

 

1週間で色が抜け、金髪の状態に戻ってしまったということはザラです。

 

色が少しでも落ちにくいことが希望としてある場合は、

 

しっかりと相談しましょう。

 

 

美容師側は、

色落ち後もできるだけキレイで、色の落ちていく過程も楽しめるように。ということも考えてカラーリングをしています。

 

そしておそらくブリーチをした方には、

 

だいたい「カラーシャンプー」というものオススメします。

 

カラーシャンプーとは、

 

シャンプーの中に色素を含ませたもので、洗うことで退色をコントロールし、良い色を長持ちさせたり、良い色へと色落ちさせていくことのできるシャンプー。

 

 

 

画像元:https://www.google.co.jp/amp/s/prtimes.jp/main/html/rd/amp/p/000000024.000021473.html?source=images

(こーゆーやつ)

 

 

 

画像はエンシェールズというとこのカラーシャンプーで、

 

ドンキとか、ヴィレヴァンとかにも売ってたりする。

 

欲しいけどよくわからない方は、迷ったらこれで良いと思います。

 

 

カラーシャンプーは、ダメージケアなどには向きません。髪にきしみを感じるかもしれません。

ダメージが激しい場合には、注意しましょう。

 

 

ちなみに、白髪染め用のカラーシャンプー(トリートメント)もありますが、

 

こちらを使用している方は通常のヘアカラーができない可能性がありますので

合わせてご注意ください。

 

 

 

 

 

最後に

 

 

読んでみると、リスクの面や対処法なんかが入ってきやすい文章になってしまったかもしれません。

 

ブリーチは確かに髪へ負担をかけますし、扱いの難しい面もあります。

 

しかし、ブリーチをすることで得られる髪の色は唯一無二で、

 

気にいった色を手に入れた毎日の生活は、キラキラと楽しくなります。

 

なりたい自分を想像して、

 

髪色を一緒に楽しみましょう。

 

 

 

つまり一番言いたいのは最後の三行です(笑)

 

 

 

 

ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ♪

 

 

 

↓↓コチラ↓↓

ブログ TOP

 

 

住所 神奈川県海老名市中央1-15-5

OPEN 10AM-7PM
CLOSE 火曜日 他月に1回日曜日、月曜日定休はじめまして。ご来店された全てのお客様を笑顔に導く海老名の美容室ANHUTTE(アンヒュッテ)です。

電話 046-259-6711

※当日予約以外は、下記のweb予約からもご予約いただけます

営業時間外でも予約を承れるからオススメです!

※上記をクリックしていただくと、web予約の画面に飛びます。

あなた様を必ず「笑顔に!」「キレイで魅力的に!」「元気に!」することお約束します。

ご予約心よりお持ちしております。

☆こないだ、美容室に行ったばかりですぐに予約は難しいあなたへ☆

でも、こないだ行った美容院はもう行かない・・・

ANHUTTEに行ってみたい、興味をもっていただけるのであれば、

「どうなりたいのか?」「髪について悩みを聞いてほしい」など

下記のLINE@から友達登録お願いします!

Add Friend

どんな些細なことでも結構ですのでメッセージ大歓迎です。

LINE@にご登録頂く特典は3つ!

ANHUTTEに、メッセージを気軽に送れること

毎月の定休日など届けます。

いち早くお得な情報をゲットできます

関連記事