Hair Donation

子供に笑顔を!ヘアドネーションへの想い

ヘアドネーションに対する当サロンの取り組みと想い

当サロンでは、開業間もない時期からヘアドネーション活動に取り組んでおります。お申込時に、「ヘアドネーション希望」の旨をお伝えしていただければご対応できます。これまで多くのお客様に共感していただき、ご協力をしていただきました。

いままで髪の毛が長かったお客様からも「ヘアドネーションがきっかけで長い髪の毛をバッサリと切ることができた」という声をいただいております。寄付していただき皆様の想いが詰まった髪の毛は、責任をもってJHD&Cへお送りいたします。

海老名のみならず、全国的にもまだまだ少ないヘアドネーション対応サロン。そんな中、当サロンがヘアドネーション活動に取り組んでいるのは、やはり髪の毛の悩みを抱えている子ども達を少しでも多く救いたいから。どの子どもに届くのかは分かりません。

しかし、カットしながら「この髪で子ども達が笑顔になれるのか」と想い、嬉しい気持ちになります。
当サロンのヘアドネーション活動を通じて、髪の毛に悩む子ども達がいること、その子ども達を助けたいと想い活動する素晴らしい方々がいることを知ってもらいたい。そして、ヘアドネーション活動の輪が広がることを願い、これからも取り組みを続けていきます。

お客様の声

C.T(綾瀬在住)さん
子供の髪を切りたいと思っていた時に、ヘアドネーションの事を知りました。切りたい長さが25cmほどだったので、最後に5cmほど伸ばしてからお願いしました。ほんの少しの事だけど、何かに貢献できればって気持ちでお願いしました。
『子供が誰に届くんだろうね?喜んでくれるかな。』と前向きに話をしていて、ボランティアとか寄付とか、普段話をする機会が少ないことについて、教えること体験する機会を得れたことが良かったと思います。普段、子供もショートなのであまりバッサリ切る機会がないですが、また貢献できる機会があればやりたいと思います。

ヘアドネーションのメリット

ヘアドネーションのメリットはカットした髪が無駄にならないことです。髪をカットすると通常ゴミとして捨てられてしまいます。当たり前の様なことではありますが、世の中にはその髪を求めている方が沢山います。お金をかけず、環境にも優しい、無駄のない支援。日々当たり前の様に触れている髪に対する想いが変わるはずです。

ヘアドネーション対応条件

31cm以上の長さが必要となります。31cm未満の方でご希望の方はご相談ください。
・性別、年齢、国籍、白髪等髪色、くせ毛等髪質は問いません。
・カラー、パーマ、ブリーチヘアでも可能です。
・髪の毛が湿っているとカビや雑菌が繁殖する可能性があります。お持ち込み頂く際は、濡れている状態でなく、完全に乾いた状態でお願いいたします。

申込方法

  • 1.ご予約

  • 2.カウンセリング

  • 3.ヘアドネーションセット

  • 4.通常スタイリング

  • 5.寄付のご報告

カットのついでに対応させていただくことが可能です。
完全予約制となりますので、カットお申込時に、「ヘアドネーション希望」とお申し付け下さい。
ヘアドネーションに関する費用はかかりません。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ヘアドネーションの注意事項

・ヘアドネーションご希望の場合、所要時間が通常のカットよりも約30分長くかかります。あらかじめ御了承ください。
・ヘアドネーションご希望の場合でも、通常のカット費用はかかります。
・ヘアドネーション活動を悪用して、皆様の大切な髪の毛を騙し取る業者がおります。Twitter等SNSで個別に「髪の毛を送って下さい」とお願いすることは一切ございませんのでご注意ください。

ヘアドネーションとは

 乏毛症(無毛症)や脱毛症、白血病や小児ガンなど病気や病気の治療の過程における副作用、不慮の事故が原因で、髪の毛が薄い・生えず悩みを抱えている子ども達がいるのをご存じでしょうか?残念ならが、それを理由に周囲から偏見を持たれ、コンプレックスやストレスに苦しんでいる子ども達がいるのが実情です。

対処として、医療用ウィッグが流通しておりますが、決して手軽な値段ではありません。特に体の成長著しい子どもであれば頭の大きさも変化していくため、作り直す費用を考えると金銭的にも精神的にも大きな負担となってしまい、ますます暗い気持ちになってしまいます。

そんな子ども達のために始まった活動が「ヘアドネーション」です。ヘアドネーションは、「ヘア=髪の毛」、「ドネーション=寄付」ということで、髪の毛を寄付するボランティア活動のことを言います。共感が広がり、日本国内だけでなく海外でもこの取り組みが広がりつつあります。

ヘアドネーションを主導する団体「JHD&C」

ヘアドネーションを主導的に行っている団体が「Japan Hair Donation & Charity(ジャパンヘアドネーション アンド チャリティー)」、通称「JHD&C」です。髪の毛の寄付を受け付け、寄付された髪の毛で医療用ウィッグを製作します。製作に関する費用はボランティアと寄付金によってまかなわれます。髪に悩む18歳以下の子ども達に無償で提供され、これまで多くの子ども達を救ってきました。
他にも、ヘアドネーションを世の中でもっと知ってもらうためのプロモーション活動、賛同サロンの募集・紹介などを行っています。この活動が注目を浴び、新聞や雑誌、ラジオ、テレビなどのメディアでも紹介されています。また、取り組みが評価され数々の受賞歴を誇ります。ヘアドネーションを世に広めたJHD&Cの功績は大きいと言えます。

【関連Webサイト】
Japan Hair Donation & Charity(JHD&C)の公式Webサイト https://www.jhdac.org/

 

LINEからもご相談・ご予約できます!